治療の流れFlow

1.ご予約のしかた

無料相談の予約

ご予約の方法は、オンライン(メール)による予約、お電話による予約があります。下記のリンクをクリックしてください。

オンライン予約

お電話での予約

2.検査・診断

検査・診断

まずは問診・検査・診断から行ないます。ヘルメット治療が可能かを診断し、適応症状で保護者のご希望があれば、治療に移行します。

※頭蓋骨の縫合が癒合してしまう病気(頭蓋骨縫合早期癒合症)や小頭症という脳の発達の遅れる病気が原因で変形していることがありますので、レントゲン撮影が必要な場合があります。

※頭蓋骨縫合早期癒合症が疑われるときは、高度な精密検査・手術が必要な場合があります。そういった場合は、提携している大学病院やこども病院をご紹介します。

3.3Dスキャン

3Dスキャン

医師による、頭蓋の3Dスキャンを行ないます。

4-1.ヘルメット制作(ミシガン)

ヘルメット制作

スキャンを行った後、スキャンデータの確認、加工を行ないます。
これらはすべてクリニック内で医師の指導の下で行ないます。

その後、データをアメリカに送ります。約2〜3週間程度でヘルメットがクリニックに届けられます。

ヘルメットについて詳しくはこちら

4-2.ヘルメット制作(アイメット)

ヘルメット制作

スキャンを行った後、スキャンデータの確認、加工を行ないます。
これらはすべてクリニック内で医師の指導の下で行ないます。

その後、データをアメリカに送ります。約2〜3週間程度でヘルメットがクリニックに届けられます。

ヘルメットについて詳しくはこちら

5.ヘルメット装着

ヘルメット装着

初日装着時には、お子さまが快適にヘルメットをかぶることができるように、義肢装具士がクリニック内工作室で入念に加工します。

装着時間は1日23時間装着していただきます。その後、毎月ご通院いただき、頭の状態の確認やヘルメットの調整をクリニックで行ないます。

※治療期間には個人差がありますが、平均約5ヶ月間です。

6.経過観察

ヘルメットでの治療期間を通じて医師が経過を診察します。